ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』(北嶋茂)その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。そんな軽い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバス。そんなことだけが隊員規則かもしれません。ハワイ話を中心に、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。

ハワイの本(その1)

f:id:hawaii-ojisan:20210418095634j:plain

 

 本をなるべく所蔵しなくなったのですが、それでも好きなハワイの本などは保存しています。 
 そんななかのひとつが、本日の写真の本。①『ハワイ・トレッキング』(近藤純夫著・平凡社刊)、②『ハワイ・ブック』(近藤純夫著・平凡社刊)、③『ハワイの花』(柳宗民著・日本交通公社出版事業局刊)。
 時代を超えた内容で、いまだにお世話になってます。

 写真にはありませんが、『ハワイ・マナ』(中野次郎著・集英社刊)、『ハワイイ紀行』(池澤夏樹著・新潮社刊)、『ハワイ島アロハ通信』(平野恵理子著・東京書籍刊)、『ワイキキ探偵事務所』(東理夫著・光文社文庫刊・三部作)なども本棚に。
 どれも古い本ですが、ずっと手許に置いておきたい本ばかりです。