ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』(北嶋茂)その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。そんな軽い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバス。そんなことだけが隊員規則かもしれません。ハワイ話を中心に、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。

〈Times〉のプレート・ランチ(その2)

f:id:hawaii-ojisan:20211001092224j:plain

f:id:hawaii-ojisan:20211001092240j:plain

〈Times〉のプレート・ランチ

 前回の続きです。

 〈Times〉の店内に突入したのは、12時を少し過ぎた頃。まさにランチ時。

 脇目も振らずに、プレート・ランチのコーナーを探すと、店内の一画に、長蛇の列(かなり脚色)ができていて、すぐに場所は判明。列の最後尾に並びながら、はるか前方のメニュー看板を見ると、めざす「ステーキ」の文字が見当たらない。いろいろ事情があるのだろうということで、似ている「テリヤキ・ステーキ」、8.49ドル(2016年)を注文することに。
 
 テリヤキのほかに3品おかずを選べるシステムで、「え~と、エ~ト、え~と」と冷や汗をかきながら迷って、野菜、ブラウン・ライス、紫イモを選んだ。「どうだっ!」と威張っている暇はなく、さっさっとレジへと流されていく。

 支払いに並んでいるときに、ショーケースに、おいしそうな肉のかたまりがあるのが気になった。前にいるおにぃさんに、聞いてみると、スペアリブとのこと。「あっ、スペアリブにすればよかった」と瞬時に後悔することに。実にうまそうなのだ。そういえば、スペアリブを注文している人が多かったっけ。次回は、迷わずスペアリブ。
 
 作ってもらった、アツアツのプレートを持って、店の駐車場にある小さなテーブルで食べました。もちろん、おいしかったです。この量でこの値段。迷わず、〈Times〉に行くっきゃないでしょう。

 あとで知ったのですが、お店それぞれ、プレートの種類は違っているようで、木曜日のステーキ・プレートは、ベレタニア店での開催。ということで、このカイムキ店では、取り扱っていないのでした。
 店では、それぞれ毎日日替わりのプレートを用意していて、なかでもベレタニア店のステーキは、話題のようです。たぶん、カイムキ店は、スペアリブなのでしょう。

 「木曜日、〈Times〉、ベレタニア店」と覚えておきましょうね。