ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』(北嶋茂)その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。そんな軽い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバス。そんなことだけが隊員規則かもしれません。ハワイ話を中心に、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。

オックス・テール・スープ ①〈ビクトリア・イン〉

f:id:hawaii-ojisan:20211203062656j:plain

f:id:hawaii-ojisan:20211203062711j:plain

〈Victoria Inn〉

 たぶん・・・日本では食べることがない、オックス・テール・スープ。出会いの場がないですよね。そんな存在なんですが、なぜかハワイではとても食べたくなる一品なのです。

 ハワイで初めて食べたのは、カイムキにあった(過去形)〈ビクトリア・イン〉。ほんとうは、〈カピオラニ・コーヒー・ショップ〉で食べたかったのですが、遠くて行く気になれなかったのです。

 〈ビクトリア・イン〉は、外から店内が見えないので、恐る恐るドアを開け、店員さんやお客さんにに気づかれないように着席したのですが、なぜか店員さんは、ちゃんとやってきました。もちろん注文はオックス・テール・スープ。

 店内は、古き良き時代のファミリー・レストラン調で、これはもう文化財ではないかと思えるな造りでした。私のような年代の者には、極めて落ち着く雰囲気です。

 オックス・テール・スープと初めての出会いのせいか、感動の雨あられのうちに食事は終了。この店でまた食べたいと思っているうちに、2011年に店は閉店。38年の歴史を閉じました。私が行ったのは、2010年ですから、ギリギリ、セーフといったところです。

 味は、牛さんの尻尾の味・・・ということになりますが、パラパラ、ネットリとでもいうのでしょうか。スープは塩味で、飽きてきますので、添えられた生姜を入れたりして変化を楽しみます。白いご飯が、あってよかったなと思えます。写真にも見えますが、ピーナッツが入っているのには驚きました。

 食べられないせいもあるのかもしれませんが、オックス・テール・スープは、ここのが一番と、いまだに思っています。

f:id:hawaii-ojisan:20211203062725j:plain

f:id:hawaii-ojisan:20211203062738j:plain