ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』(北嶋茂)その後

 路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。そんな探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバス。そんなことだけが隊員規則かもしれません。ハワイ話を中心に、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。

陶器mono  その③メネフネ

jim beamのボトル

 「ハワイのものならゴミでもほしい」。ということで、なんでもハワイものに目がいきます。これもそんなひとつ、ジム・ビームが、ハワイアン・オープンの記念につくったもののようです。
 この裸のおっさん、その辺を裸でフラフラしているアブナイおっさんではなくって、メネフネ(解説省略)をイメージしたものらしいです。

 このシリーズには、ワイキキの景色を形にしたボトル2種もあり、いまでも「あってもいいなぁ~」と思っているものですが、そんなものであふれてしまうのがこわくて自制しております。昔、「ハワイのナンバープレートだけは、部屋に飾りたくない」といっていた人がいましたが、その気持ちわかるような・・・合掌。