ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』(北嶋茂)その後

 路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。そんな探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバス。そんなことだけが隊員規則かもしれません。ハワイ話を中心に、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。

フィッシュ&チップス [カナダ]

f:id:hawaii-ojisan:20220415090629j:plain

f:id:hawaii-ojisan:20220415090700j:plain

カナダ・ビクトリアにて(〈Steamship Grill&Bar〉のフィッシュ&チップス)

 イギリスといえば、女王やビートルズ、ステッキを持った紳士(まだいるのかな)という人もいるでしょうが、僕の場合は、フィッシュ&チップス。どんなものか食べてみたい・・・と、ずっと思い続けて生きてきました。その年数、数十年。

 テレビや本によく出てくる、あのフィッシュ&チップスですが、これを日本で食べようと思っても、なかなか遭遇できません。ということで、カナダ旅行で、いの一番に迷わず指名したのが、本日の写真のフィッシュ&チップス。本家ものではありませんが、カナダなら親戚筋ということで・・・。

 店は、カナダのビクトリアにある〈Steamship Grill&Bar〉。美しい入江を前にして、気軽に食べられるお店です。

 「カナダまで来て、そんなもん食べちゃってさぁ」という家族の冷たい視線を前に食べた、フィッシュ&チップス。まことに、フィッシュ&チップスでございました。

 値段は、18.95カナダドル(2019年)。夢叶って、「うれしや、ウレシヤ」でしたが、「こんなもんが、こんな値段かよ」と思えなくもありません。屋台でもあれば、そんなところで食べるシロモノかもしれません。ひと言つけ加えておくと、総じてカナダは物価の安い国でした。