ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』(北嶋茂)その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。そんな軽い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバス。そんなことだけが隊員規則かもしれません。ハワイ話を中心に、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。

玉村豊男さん&ヴィラデスト・ワイナリー(その1)

f:id:hawaii-ojisan:20211003054731j:plain

ヴィラデスト・ワイナリー

 玉村豊男さんのエッセイが大好きです。

 最初の出会いは、『パリ 旅の雑学ノート』(ダイヤモンド社刊)。初版は、1977年で、私が買ったのは、6版の79年。なんと、40年も前のことになります。なんて細かなパリの解剖書なんだろうと、驚き連発の感動本でした。読みながら、学生時代にこの本があれば、もっと違ったパリを楽しめたのにと嘆いたものです。
 
 熱狂的なファンは、玉村さんが代官山にお店を出したと知ると駆けつけ(今はないよようです)、広尾の〈明治屋〉で玉村さんのハーブを見つけては狂喜乱舞、農園で作られたピーマンをガラスに加工したり、デパートの個展に忍び込む、そんな少女的熱心なファンでありました。

 ついに玉村さんが、長野県でワイナリーを造り、そこにはレストランもあると知ると、これはなんとしても行きたいとなるのは自然なこと。しかし、横浜からは歩いていけない・・・。

 続きます。

f:id:hawaii-ojisan:20211003054911j:plain

カバーがなくなった、『パリ旅の雑学ノート』(玉村豊男著…ダイヤモンド社刊)